5698円 マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。 キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット ブラック【5127・5129・5143・5137】 キッチン用品・食器・調理器具 キッチン整理用品 その他 マグネットがつく収納システム シンク周りやコンロ周りなどに キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット 5137 5143 5129 ブラック 返品不可 5127 5698円,Cセット,キッチン用品・食器・調理器具 , キッチン整理用品 , その他,マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。,横型,ブラック【5127・5129・5143・5137】,/doubt5556144.html,fandango.jp,キッチン自立式スチールパネルタワー マグネットがつく収納システム シンク周りやコンロ周りなどに キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット 5137 5143 5129 ブラック 返品不可 5127 5698円,Cセット,キッチン用品・食器・調理器具 , キッチン整理用品 , その他,マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。,横型,ブラック【5127・5129・5143・5137】,/doubt5556144.html,fandango.jp,キッチン自立式スチールパネルタワー 5698円 マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。 キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット ブラック【5127・5129・5143・5137】 キッチン用品・食器・調理器具 キッチン整理用品 その他

マグネットがつく収納システム 新品 送料無料 シンク周りやコンロ周りなどに キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット 5137 5143 5129 ブラック 返品不可 5127

マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。 キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット ブラック【5127・5129・5143・5137】

5698円

マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。 キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット ブラック【5127・5129・5143・5137】








※メーカー直送のため、
代引でのお支払方法はお受けできません。
不良品以外の返品・交換はお受けできません。
この商品は北海道・沖縄・離島にお届けの場合は送料別途となります。お問い合わせ下さい。※


マグネット収納ツールを自由に組み合わせできるスチールパネル。コンロ・シンク・調理場の奥を有効活用。シンク周りやコンロ周りなどのラックやホルダーでスッキリ収納。

■セット内容/キッチン自立式スチールパネルタワー 横型・マグネットラック・マグネット布巾ハンガー スリム・マグネットグラス&ボトルホルダー

■キッチン自立式スチールパネルタワー横型
・サイズ/約W84×D14×H21cm
・パネルサイズ/約W84×H17.5cm
・材質/本体:スチール(粉体塗装)
・耐荷重/約10kg(パネル:約8kg フック1つあたり:約250g)
・付属品/フック×8・六角レンチ

■マグネットラック
・サイズ/約W16.5×D8.5×H8.5cm
・内寸サイズ/約W16×D8cm
・耐荷重/約1.5kg

■マグネット布巾ハンガー スリム
・サイズ/約W20×D7.5×H6cm
・耐荷重/ハンガー1つあたり:約250g

■マグネットグラス&ボトルホルダー
・サイズ/約W13.5×D6.5×H14cm
・耐荷重/約1.5kg(ホルダー1つあたり:約500g)

■カラー/ブラック

マグネットがつく収納システム。シンク周りやコンロ周りなどに。 キッチン自立式スチールパネルタワー 横型 Cセット ブラック【5127・5129・5143・5137】

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。