自転車アクセサリー ファクトリーアウトレット VAN RYSEL ヴァンリーゼル RACER XL ブラック 2198946-8385398 サイクリングヘルメット 自転車アクセサリー ファクトリーアウトレット VAN RYSEL ヴァンリーゼル RACER XL ブラック 2198946-8385398 サイクリングヘルメット 6153円 自転車アクセサリー VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) RACER サイクリングヘルメット XL ブラック 2198946-8385398 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング ヘルメット 6153円 自転車アクセサリー VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) RACER サイクリングヘルメット XL ブラック 2198946-8385398 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング ヘルメット 2198946-8385398,/antitrust5551194.html,RYSEL(ヴァンリーゼル),6153円,XL,RACER,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , ヘルメット,自転車アクセサリー,fandango.jp,サイクリングヘルメット,VAN,ブラック 2198946-8385398,/antitrust5551194.html,RYSEL(ヴァンリーゼル),6153円,XL,RACER,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , ヘルメット,自転車アクセサリー,fandango.jp,サイクリングヘルメット,VAN,ブラック

自転車アクセサリー ファクトリーアウトレット VAN RYSEL ヴァンリーゼル RACER XL ブラック 2198946-8385398 サイクリングヘルメット 賜物

自転車アクセサリー VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) RACER サイクリングヘルメット XL ブラック 2198946-8385398

6153円

自転車アクセサリー VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) RACER サイクリングヘルメット XL ブラック 2198946-8385398

















※納期表示のご説明
仕様/規格
●サイズ:XL(59~62cm)
●重量:300g
サイズ
XL
カラー
ブラック
メーカー品番
2198946-8385398
商品説明
●デカトロンジャパン(株) VAN RYSEL(ヴァンリーゼル)
●ベンチレーション機能:ヘルメットの開口部と内部の通気経路により、空気のスムーズな流れを実現。
●軽量:In-Mold成型による極めて軽量でコンパクトなヘルメット。
●着脱が容易:ターンリングシステムにより、頭部全体に素早く正確にフィット。
●エアロダイナミクス:風洞実験を使用して開発、最小限の空気抵抗(Cx)を実現。
●優れた通気性:ヘルメットの内部の通気性を検討し、開口部から空気を取り入れ、内部で16カ所の経路を通すジェット効果により、頭部の放熱性を最大化するよう設計しました。
●In-Mold成型テクノロジーとEPS:In-Mold成型テクノロジーを採用することで、発泡スチロール(EPS)の注入段階で、外側のポリカーボネートシェルを成型することが可能になりました。このため構造の強度と耐久性が向上し、非常に軽くすることができます。衝突の際には、内部のEPS構造がエネルギーを吸収し、衝撃が頭に伝わるのを防ぎます。外側のシェルにより耐久性を高めています。
商品属性
●カラー:[ ブラック系 ]
●サイズ:[ XL~ ]
特集区分
●DECATHLON(デカトロン)
関連ワード
●自転車 パーツ カスタマイズ カスタムパーツ
サイズ・カラー 一覧LXL
ブラック

ジャンル識別情報:/g1041/g202/g306/mBWF/

自転車アクセサリー VAN RYSEL(ヴァンリーゼル) RACER サイクリングヘルメット XL ブラック 2198946-8385398

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。